生活習慣を改善して頻尿解消!

どういう時に尿意をもよおすかというと一番よくあるのはもちろん体が冷えている時です。特に足先が冷えている場合はだれでもトイレが近くなります。しかし生活習慣を少しかえてあげるだけで改善される可能性が高いです。利尿効果のある飲食物、例えばコーヒーやアルコール飲料の摂取量を減らすことです。

また冬野菜と呼ばれる白菜や白ネギ等も体を温める効果があるので意識的に摂るようにしましょう。それだけでトイレに行く回数はかなり減少します。体の冷え改善のために、生姜を使った食事、たとえばスープや鍋物に生姜を加えるとそれだけで体が温かくなって頻尿が改善る効果があります。

年齢を重ねると尿道付近の筋肉が衰えこれまで辛抱できた尿意をがまんすることができなくなって、頻尿になることもあります。一般的に男性にその症状は多くみられるようです。

それから「自分は頻尿なので今のうちにトイレにいっとかなければ」ということも自分をより尿意に対して神経質にさせることになり、早めにトイレに行くことはかえって逆効果の時もあります。あまり気にしすぎず、普通にすごしている方がよかもしれません。

しかし、原因が筋肉の衰えにある場合は解決策があります。自分で意識して普段から尿道付近の内筋肉を閉めたり緩めたりして訓練することです。これを続ければ2~3か月後には改善がみられます。

自分でいつでもどこでもできる筋肉運動なので、気がついた時に何度かするのを繰り返し続けることが大切です。やり方は自己流にすると別の筋肉を刺激してしまって効果が得られない時があるので、婦人科や泌尿器科の先生に相談して正しいやり方を教えてもらってから始めましょう。

また頻尿は悪いというイメージがありますが、尿意をほとんどもよおさない人よりも体にはいいはずです。尿を排出することによって体内の老廃物を排出して体の循環を良くする効果もあります。ですのであまり神経質にならないのが一番効果的かもしれません。

頻尿と骨盤底筋エクササイズ

ある程度歳を重ねれば頻尿に悩む人も増えてくるものです。ところで一日に何回ほどトイレに行けば、この頻尿の定義に当てはまるのでしょうか?目安としては日中で八回以上、夜間は一回以上とされています。それ以外でも、トイレに行ったばかりにもかかわらずすっきりしない残尿感がある人もこの予備軍と呼んでもいいのかもしれません。

頻尿の原因は幾つかありますが、当然水分や塩分、コーヒーやアルコールなど刺激物の過剰摂取が要因の一つとなってきます。夜間頻尿ですっきり眠れた試しがない、という人は夕飯は塩分控えめの食事、また就寝前は極力水分を控えて床に就くとトイレに立つ回数がぐっと減るのではないでしょうか。

また排尿は自律神経にも大きく関係していますから、余計なストレスで自分を追い詰めないことも必要です。緊張する場面に立った時、何故かいつも以上にトイレが近くなった経験はありませんか。あれは正に自律神経の乱れが頻尿を促進しているというわけです。

しかし例え自律神経の働きが正常でも、加齢と共にある程度トイレが近くなるのは当然のこと。それは排尿のサインを司っている尿道括約筋や内蔵を支える骨盤底筋が、歳と共に衰えてくるからです。歳を取るのは仕方ないことだとしても、これら筋肉をトレーニングして頻尿を改善させることは可能です。

まず簡単な方法としては、とにかく「尿意を我慢する」こと。頻尿の人は実はそれほど膀胱に尿が溜まっていないにもかかわらず、脳が「尿を出せ」と間違った指令を出してしまっている状態にあります。当然これが何度も続けば膀胱は甘える一方で、どんどん小さくなっていってしまいますね。

膀胱に本来の役割を思い出させるためには、尿意を感じてもまずは数秒~数分我慢してみましょう。辛いですがなるべく他の事を考え頭の中から尿意を追い出し、限界まで堪えます。これを繰り返しだんだん我慢できる時間が長くなればしめたもの。更に徹底したい人はこれに加えて、空いた時間に簡単に出来る骨盤底筋エクササイズを行いましょう。

立ち姿勢で片手をお腹、片手をお尻に当て、ゆっくりとお尻を引き上げるイメージで肛門に力を入れ締めます。数秒その姿勢をキープしたら力を抜きます。時々力をギューッと加えたりしながらこれを繰り返します。家事や仕事のちょっとした合間に出来てしまいますから簡単ですね。就寝前も布団に横になり両膝を立てた姿勢で、同じ内容のエクササイズが可能です。

すぐに効果が現れるわけではありませんが毎日コツコツこれらトレーニングを行うことにより、悩ましい頻尿症状も必ず改善されてくるはず。自分の生活習慣を改めて見直し、まずは意識することから始めたいですね。

膀胱訓練で頻尿の悩みを解消しましょう

軽度の頻尿の場合、セルフケアすることで改善が見込めます。行動療法の一種、「膀胱訓練」と呼ばれるものを行うことで、頻尿の悩みを解消しましょう。昼間の起床時に8回以上、夜間の睡眠時に2回以上の排尿がある場合、「頻尿」と診断されます。

頻尿にはさまざまな原因があります。身体疾患や加齢が原因ではなく、ストレスや緊張などの精神的な理由で排尿の回数が多くなる場合を、「神経性頻尿」または「心因性頻尿」と言います。緊張する場面でトイレに行きたくなったり、自由にトイレに行けない状況で急に行きたくなったりするのも、神経性頻尿の症状のひとつです。

神経性頻尿の特徴としては、失禁が見られず、睡眠時の排尿がないことが挙げられます。そして、この神経性頻尿の場合、セルフケアが有効だと言われています。

膀胱訓練とは、計画的に尿意を我慢することで、膀胱に溜まる尿の量を増やす訓練のことです。これは病院でも行われている治療法です。

膀胱訓練のやり方はとても簡単です。身体を冷やさないようにすること、そして水分の摂りすぎに注意した上で、早速取り組んでみましょう。

●尿意を感じたら、肛門に力を入れて、深呼吸しながら3分ほど我慢する。
●尿を我慢する時間を、3分、5分、10分と計画的に、少しずつ長くしていく。

以上のことを、3か月を目安に続けてみましょう。最終的には、排尿と排尿の間隔を2~3時間あけられるようにするのが目標です。

ただし、神経性頻尿の一番の治療法は、「気にしないこと」と言われています。つまり排尿について気にし過ぎることのストレスが、頻尿を助長させてしまう可能性があるのです。それでも「気にするな」と言われるほど、気になってしまうのが現実です。外出時などは無理をせず、訓練のことは忘れて、トイレに行きたくなったら行くようにしましょう。

また頻尿は、大きな病気の可能性もあります。少しでも異常を感じたら、すぐに泌尿器科などの医療機関を受診しましょう。

頻尿になったときに症状を改善する可能性のある食べ物

高齢者とかには特に多いのかな?と思いますが、頻尿というのは本人は結構辛いものがあるはずです。自分が頻尿だと感じた場合には日常生活において、それなりに影響が出てくるからです。常にすぐに「トイレに行きたくなるのではないか?」ということが気になってしまい、他のことに集中しづらかったり、余計に頻尿を加速させてしまうことがあります。

頻尿改善のためのサプリメントのランキング

そういった苦しみから逃れるために、ある程度頻尿を抑えるために摂取すべきなのが「銀杏」になります。普段から銀杏を食べる方は少ないと思いますが、頻尿には欠かせない食べ物なのです。銀杏にはどういった効果があるのか?というと、尿を出すときに使う筋肉で「尿道括約筋」というものがあるのですが、この筋肉の働きを強めてくれるのです。

字を読めばなんとなく分かるかもしれませんが、この筋肉は尿をするときに緩み、我慢をするときに緊張する筋肉で、これが強くなると、尿が外に押し出される力を食い止めてくれるため、尿意を感じづらくなったり、仮に尿意を感じた場合でも、すぐにトイレに行きたくなるほどではなかったりします。

さらに、もしかしたら尿を漏らしてしまうという方がいるかもしれませんが、そういった方にとっては、尿漏れの防止に役立つので、心配の種がいくつか消えることになるでしょう。

頻尿でお悩みの方は、この尿道括約筋を強くするという方法が1つ重要になってきます。食べ物によって頻尿をある程度防ぐことができるならば、それは非常に簡単な対策になりますし、1番取り掛かりやすい改善策と言えるのではないでしょうか?

ただ、銀杏はもしかしたら苦手な方もいるかもしれません。好き嫌いが結構分かれそうな食材だけに、摂取するのが難しいという方も考えられますが、少しでも食べていければ頻尿に効果的なのは間違いありませんから、頻尿が特に気になる方、日常生活の不安を増大させているという方は、解決策の1つとして覚えておくと良いでしょう。

頻尿になる原因と病名について

さて、今回は頻尿についての情報を簡単に解説してみようと思います。まず、頻尿という言葉の意味と、どのような症状なのかということを理解しておく必要がありますね。

頻尿は、一日にトイレに行く回数が多いことを指しますが、どれくらいの回数トイレに行くと頻尿の疑いがあるのかはあまり知られていません。成人の平均的な、トイレに行く回数としましては、昼が5回前後、そして、夜は、0~1回ほどだそうであります。

しかし、この回数を上回ったからといって、私は、頻尿だという気持ちになる必要はないです。この数字は、あくまでも平均値であるため、日によっては、これより少し少ない場合もあるし、平均より少しトイレに行く回数が多い日もあります。

しかし、頻尿の目安というのは確実に存在するそうであります。専門の、お医者さんのまとめでは、一日に10回ほどトイレに行く回数があると、頻尿の疑いがあるということです。ただし、この場合も、例えば、一日に大量に水分を補給して、結果、トイレに行く回数が増えた日があるというのは、ノーカウントにしてください。

あくまでも日常生活の中で、普段と変わらない生活をしているのに、毎日、継続的に10回以上トイレに行ってしまう方は、頻尿の疑いがあるということです。頻尿になる主な原因としては、前立腺や膀胱に何かしらの異常があるということになります。

例えば、過活動膀胱というもの。コチラは、膀胱の働きが正常ではない状態ですね。

本来、おしっこは、ある程度の量を体内に溜めてから、膀胱がそろそろ出そうよという合図を出すのですが、この膀胱の働きが正常でないと、まだ排尿する分の量が溜まっていないのにも関わらず、排尿する時の動きである、膀胱の収縮を始めます。

結果的に、トイレに行きたくなり、この繰り返しが続くのです。

この、過活動膀胱も立派な病気のひとつであり、原因は主に老化からくるものや、前立腺の異常も考えられているとのことです。このような状態になった場合は、膀胱の働きを正常にする治療を施すのが一番良いとされています。

ぜひ、参考にしてみてください。